私たちから見たオリエンタルバイオ。動画にしました。

movie1いろんな世代 編

梅本:
オリエンタルバイオにはさまざまな世代の方が在籍しています。この動画では、若い方から、勤続年数が30年を超えている方達まで色んな世代が一緒に協力し合うことができている職場というのを表現しています。
脇:
ありえない程の振り切った設定ですが、面白いですよね。特に最後!
梅本:
はい、企画の段階ではびっくりしました笑

movie2つながる社員 編

芳賀:
これはピタゴラスイッチのように、リズミカルな動画ですね。
小松:
一見おっちょこちょいな面白おかしい動作が重なっている動画ですが、結果的に、一つになってる。オリエンタルバイオの人とのつながりの濃さや、あたたかくユーモアがあるところを表現しています。
坪田:
地道な撮影がひたすら続いた作品ですが、完成を見たときは嬉しかったですね。

movie3ハラスメント大全集 編

坪田:
いろいろなハラスメントがある現代で、みんなが自分らしくのびのびと働けること、つまりハラスメントを反対し、ノーハラスメントを目指すオリエンタルバイオを表現しました。
清水:
確かにこんなハラスメントされたら嫌だな~
梅本:
でも実際あったらちょっと面白いですよね笑

movie4新人社員と上司 編

清水:
お客様とのつながりをずっと大切にしているオリエンタルバイオを表現しています。
芳賀:
一見効率のわるいようなことですが、直接愛飲者の方にお会いしリアルなお声を集め続けているのは会社の特長ですもんね。
脇:
実際この動画は、清水さんと芳賀さんの実体験を元に描かれている、正にノンフィクションですもんね。主人公の名前も清水さんですし笑

Member メンバー紹介

メンバー 写真
梅本
チーム最年少。核心を突いたコメントをさりげなく言う。普段は持前の気遣いで受付業務を担当、お客様に出すお茶が絶品だと評判。
メンバー 写真
小松
元気いっぱい。普段は媒体管理業務で数字やエクセルとにらめっこ。緊張した会議の場でも盛り上げてくれるが実はとてもしっかり者。
メンバー 写真
坪田
一見おしとやかだが営業と歌の腕はピカイチ。その愛嬌でみんなを和ませる。今回のプロジェクトを発足してくれたメンバー。
メンバー 写真
清水
唯一の男性メンバー。今後のWEB事業部を担っていく。チームの中でも1番と言っていい程熱いハートを持っている。
メンバー 写真
本プロジェクトでのチームのまとめ役。普段は商品開発や広報活動を担当している。実はとても面白い。お酒が大好き。
メンバー 写真
芳賀
WEB事業部にいたが、今後は新しい部署を担当予定。チームの中では一番社歴が長くオリエンタルバイオをこよなく愛している。

Process 制作の目的と経緯

この動画は、若い世代の方がオリエンタルバイオを知ってもらうきっかけになればと思い、
部署や業務の壁を越えて結成されたチームでつくりました。

自分たちがオリエンタルバイオで働いていて思うことや、
入社してびっくりしたことなどをまとめ、
どのようにしたら私たちの思いや会社の良さを知ってもらえるかということを考えた結果、
4つの動画ができました。

制作は、「フリースタイルダンンジョン」や「不機嫌な果実」など
人気番組やドラマを幅広く手掛けている大手制作会社MMJさんにご協力いただきました。

一見ふざけているように見える動画もあるかもしれませんが、
私たちなりに会社への愛や思いを込めています。

Making 撮影風景

撮影風景 写真 1

アイディア出し
普段ではなかなか話す機会がない会社に対する思いをアウトプット

撮影風景 写真 2

どんな動画が面白いのか....真剣に悩み中

撮影風景 写真 3

極寒の中でのロケ 夕焼けのタイミングを狙います

撮影風景 写真 4

現実ではなかなかあり得ない色んな世代が大集合

撮影風景 写真 5

家康世代のお侍さんと
袴にオリエンタルバイオのロゴを入れていただきました

撮影風景 写真 6

文監督をはじめとし、和気あいあいで笑いが絶えない撮影現場でした

Message プロジェクトを通して

オリエンタルバイオは、今まさに変革を起こしている真っ最中で、
今後のさらなる拡大に向けて、新部署の設置などを進めています。
今回のプロジェクトもそうだったように、オリエンタルバイオは年齢や経験に関係なく、チャンスが平等にあり、やる気さえあればどんどん仕事の幅が広がっていく環境と言えます。
私たちと一緒に、これからのオリエンタルバイオを築いていきませんか?
2017年、将来共に会社を担う、やる気のある仲間を募集しています。

オリエンタルバイオ 写真
ただいま、エン・ジャパンより採用受付中です!
詳細は、こちらよりご確認ください。
enジャパン
ページトップへ